ひがなり雑記帳

酒クズ電車ヲタクの独り言。

アフィリエイトのアクセストレード

E257系500番台 豊田常駐車の活躍の軌跡(になっているかは知りません)

かつて、波動輸送に対応するために189系3本が豊田車両センターに配置されていたのは皆様もご存知かと思います。

f:id:ComExp2133:20210708195034j:plain

こんなん

しかし大人の事情で189系M50~M52編成は中央線回りのドナドナ特急あさまとして、長野へと回送。

後釜として選ばれたのは...

f:id:ComExp2133:20210708195239j:plain

写真はイメージです

みんな大好きE257系500代でした。折しも房総特急の削減で余剰が出ていた同車は、一部の編成が平成30年春に豊田車両センター常駐となり、中央線やその周辺での臨時列車や団体臨時列車などで幅広い活躍を見せました。(対象はNB-10編成、NB-11編成、NB-12編成。)

が、そんな500代3本も順次5500代=波動用として改造・機器更新を施工されると共に東大宮へと転属することがほぼ確実です。500代3本が豊田に来て中央線臨時特急などに顔を出すようになったのとほぼ時を同じくして千葉から山梨へと越してきた管理人なりに、その活躍を振り返ってみようかと思います。*1

 

 

 

平成30年

・豊田常駐の開始

まあ書いた通りですね。

なお普段は豊田車両センターにいるとはいえ、あくまでも所属は幕張車両センターで変わりませんでした。このため、E257系のような新系列電車で一定の周期で実施されている「機能保全検査(=従来の車両でいう交番検査ですね。)」の為に時折幕張車両センターに帰省していたほか、時折房総特急の臨時運用に就いている姿も見ることができました。

 

・臨時快速への登板

f:id:ComExp2133:20210708222305j:plain

これは臨時快速富士山号

ホリデー快速富士山などの臨時列車を189系から引き継いでのスタートとなりました。

6連から5連と減車されているほか、当時のインバウンド需要や富士山需要などもあいまってか、地下鉄東西線もビックリな混雑だったそうで...。まあ乗らなくてよかったっす。また、夏からはそれまで185系が受け持っていた臨時のホリデー快速鎌倉号も豊田常駐の257が担当するようになりました。

どちらの快速も国鉄形車両からの変更であったり、混雑が酷かったり、後者に至っては全席指定となるなど、マニアからの評判はイマイチだったようにも思えますがいかがでしょう...。

なお、富士急線直通の列車については主にNB-10編成が充当されていたような気がします。

 

 

・臨時特急への登板

1,臨時かいじ

f:id:ComExp2133:20210708223639j:plain

カッツカツ

当時は朝の臨時特急かいじ186号、多客期中心のかいじ188号や180号などがよく設定されていました。そのうち186号と188号については500代が使用されることが多く、中でもNB-12編成の登板が特によく見られました。

なお、当時の中央線特急はまだ自由席の設定があったのは皆様も覚えていらっしゃるかと思いますが、ちばかいじ号や山かいじ号など、基本的にE257系500代が使用される場合は全席指定での運行となることもありました

当初は編成が短いからなのかな?と思っていました。しかし後述のちばかいじ号で車掌さんが甲府から新宿までは甲府運輸区の車掌さんが、新宿から先は新宿運輸区の車掌さんが、それぞれ1名のみで乗務されていた事を鑑みると、現在の中央線特急のように全席指定+車掌1名乗務を見越しての実験的な要素もあったのではないかと推測することもできます。まあ知らんけど

余談ですが、186号については月によって189系N102編成を長野から持ってきて運用していた事もありました。人気の差は...いうまでもないですね(笑)

 

 

余談②。

f:id:ComExp2133:20210710013146j:plain

この年のGWの一部のかいじ号ですが、普通に幕張所属のNB-07編成なんかも充当されていました(笑)。朝のかいじ→新宿へ回送→またかいじ、みたいな。今の需要が落ち込んだアレでは考えられない設定ってのはさておき、撮る側として美味しかったです(笑)。秋にも午前のかいじにNBが入っていましたしね。
このNB-07編成は現在2500代NC-32編成として活躍している訳ですが、思えばこの頃から臨時列車のような運用が主体でしたね…距離の抑制でもしていたのでしょうか..。反対にNC-34となったNB-14編成なんかはホームライナーから後述のホリデー快速まで色々と見かけた気もするんですけどね。

 

 

2.ちばかいじ

f:id:ComExp2133:20210708223731j:plain

僕が甲府に来る前にも同様の列車は運転されていたようですが、この年の6月限定で臨時特急ちばかいじ号なるものも運転されていました。まあ運行区間は名称からそのまんまそういう区間です。これも確か全席指定でしたね。見た限りではNB-12の独壇場でした。回送では竜王にも入線していましたねえ。

 

www.graffiti-of-alpho.com

隙あらば宣伝

 

3.山かいじ

f:id:ComExp2133:20210708224148j:plain

八王子支社史上でもかなりの黒歴史になっていそうなのはさておき、登山客向けの臨時特急として早朝に設定されていました。5両でも十分空いていたようで...。試験的な要素もあったのでしょうかねえ。

 

www.comexp2133.com

初日はかいじ幕での運転でしたね、そういえば。

臨時特急で印象に残っているのはこのくらいでしょうか。

 

 

団体臨時列車

この年度は257の波動運用が本格的にスタートした年でしたが、あいにく管理人は時間とカネの都合であまり撮れていません。

f:id:ComExp2133:20210710012025j:plain

500代に関して書けば、諏訪湖の花火大会の旅行商品として臨時で中央線に来ていたことがありました。コロナのせいで僕が山梨にいるうちは花火臨も撮れないのかなあ。死ね

 

f:id:ComExp2133:20210710012208j:plain

NB-10編成が甲府方面に来たのってこれとあと何かあったかな...?

 

 

・代走(?)

f:id:ComExp2133:20210710005403j:plain

f:id:ComExp2133:20210710005411j:plain

写真はNB-05とNB-14

基本的に富士急線直通の運用には豊田車、中でもNB-10編成が主に充当されていましたが、平成30年秋頃にはどういうわけか純粋な(?)幕張車での運転がありました。10月にはNB-05とNB-14のそれぞれでの運転を確認しています。これは波動運用の拡大とか交換とか…というよりは一時的に検査とか走行距離とかの都合でこうなったと考えたほうがよさそうです。写真こそないですが、豊田常駐の500代でも房総特急の臨時で千葉に帰省していたこともあるようですし...。

これ以外にも純粋な幕張の257による運用はありましたが、割愛。

 

 

f:id:ComExp2133:20210710011644j:plain

時系列が前後してしまいますが、シルバーウィークのかいじ188号はNB-11編成が充当されていましたね。クソ大学の授業まで時間がなくて仕方なく金手で撮った記憶があります。かなしい。この時間絶対に塩山ストレートで優勝できたじゃん、悲しいな。

余談ですが、このあと出席した英語の授業では地元民の学生がcutという単語の意味がわからないと宣っていて大変愉快でした。甲府市の教育水準ってどうなってるんですか(笑)。

 

f:id:ComExp2133:20210710011652j:plain

また年末の臨時かいじ(195号だったかな?)もNB-11編成でした。本運転のBは強風で死んだから知りません。

 

 

 

平成31年/令和元年

・細かな塗装変更

f:id:ComExp2133:20210710005907j:plain

写真は翌年の撮影です

それまで"BOSO EXPRESS"ロゴも誇らしげにほとんど千葉以外の各地を走ってきた豊田の3本ですが、平成31年春=中央線特急の全席指定化を前に編成毎にカラーリングが設定され、"SERIES E257"の新たなロゴとそれぞれのカラーを纏ったうえで運用に就きました。

NB-10編成は赤色(後述)、NB-11編成は写真の通り灰色、NB-12編成は緑色(写真ないですゴメンナサイ)と3色に設定され、豊田の3本はある意味唯一無二の形態となりました。

 

 

・臨時富士回遊への登板

f:id:ComExp2133:20210710010639j:plain

ホリデー快速時代と変わらず、主にNB-10編成がメインで臨時の富士回遊号にも充当されるようになりました。散々混雑だドアが少ないだと心無いお友達からフルボッコに叩かれていたE257系500代でしたが、わかりやすい料金体系(笑)のもと全席指定になってからはそこまで混んでいなかったようにも思えます。(なお、コロナ以降は...お察しください。)

記事そのものとは関係ありませんが、いつかまた回遊が富士山需要で賑わう日が来たらなと思います。郷に入っては郷に従えない外人インバウンドなんてのは邪魔でしかないですけどね。

 

 

 

・令和2年

新型コロナウイルスの蔓延によって定期運用を持たない豊田の3本は徐々に活躍の場が狭まっていきました...257オタクとしては大変やるせない。

f:id:ComExp2133:20210710011619j:plain

f:id:ComExp2133:20210710005907j:plain

一部既出の画像で恐縮ですが、それでも数少なかった臨時回遊や団体輸送などで引き続きの活躍を見ることができました。

なおNB-12編成ですが、どうも東大宮にいる日が多くなったようで、実質的には東大宮常駐の車として扱っても差し支えなさそうです...(?)。代わりなのか知りませんが、E257系0代のM-111編成が年度の変わり目かどこかで実質的に豊田に常駐するようになりました。

 

 

そんなこんなで臨時回遊や団体列車などで活躍を進めてきた3本ですが、E257系2000代/2500代の改造が一段落するのと前後して0代と500代がそれぞれ5000代と5500代へと改造されています。改造メニューについてはさておき、先日NB-10編成がAT配給された以上、残されたNB-11編成やNB-12編成も長くはない...かと思われます。

マニアから国鉄形じゃないって理由で叩かれたり急にちょっと田舎臭い*2房総というバーチーなアイデンティティを捨てたり、いろいろクセの強い動きをした豊田の3兄弟も5500代として生まれ変わり大宮所属になる…と考えると、大学への進学以来ほぼ同時期に中央線やその周辺へと活躍の場を移した3編成に少しばかり注目してきた身としてはいささか寂しいものです。もっとも、機器更新がなされる以上は当面の活躍も約束されたようなものですし、ある意味喜ばしいのかもしれませんがね。

臨時回遊の設定もあってないようなものとなった今、豊田や東大宮の若干変色した500代を撮影できるのもあと少し(かも)。機会があれば、私も後悔の無いように撮っておきたいものです。

 

 

以上、素人ながらに豊田常駐なE257系500代の大まかなアレをまとめてみました。

 

 

房総特急から中央線(とその周り)へと活躍の場を移した3本の500代。

私事ですが、千葉育ち山梨在住の僕が山梨に越してくるのとほぼ同時期に彼らが豊田へと転勤してくれたおかげで、本当に時々ですが中央線でも時折見ることができるようになりました。

山梨には縁もゆかりもなく、当初は心細かった管理人ですが、時折新天地で見かける地元の特急に懐かしさを覚えたり新しくブログネタとして撮影したり時には乗車したりと、むしろ千葉にいる時よりお世話になったのでは?笑(それ触れちゃあかん) ...そんな想いでこの記事をまとめました。

寂しい事に、E257系は0代の付属編成10両こそ廃車となりこの世を去ってしまいました。しかし、それ以外の車は原型であれそうでなかれ曲がりなりにも現役です。

185系を置換えたためか一部からは否定的な声も聞かれる車ですが、E257系は決して若くない車両ですから、最後のその日に後悔の無いようにどのような形態であれ思い出を残しておきたいなと思うのでした。まあ僕185系ももう少し撮ればよかったかな~なんて思ってるんですが。

 

 

 

では。

*1:なお豊田常駐という形ではありませんでしたが、僕が山梨に来るより前から500代の中央東線での運用実績はそれなりにありました。かいじ号代走、茅野方面団臨、ちばかいじ号などがそれにあたります。

*2:千葉が大好きだから敢えてこう書きます。総武線の千葉から先は田舎だからね♡ 佐倉市?論外♡

img { pointer-events: none; -webkit-touch-callout:none; -webkit-user-select:none; -moz-touch-callout:none; -moz-user-select:none; touch-callout:none; user-select:none; }