ひがなり雑記帳

イコラブちゃんが大好きな鉄オタの独り言。

373系特急「ふじかわ」乗車記

関西遠征の最後は伊丹から飛行機のはずだったんですが、、、台風で飛行機が欠航になってしまい急遽東海道新幹線経由で帰ることになりました。貧乏学生がいかに金を安く抑えるか考えた結果、静岡から身延線経由がいいという結論に至りまして、ふじかわに課金したのでその乗車レポでも書いていこうと思います。
 
〇ふじかわ号の車両

f:id:ComExp2133:20180824130348j:plain

JR東海373系です。登場から20年以上経過していると書くと語弊がありますが、先に書いておくとなかなか快適です。甲府で顔を合わせるE257が17年程度の活躍で中央線を去るのとは対照的ですね()。ふじかわでデビューした373系は他にもホームライナーなどで乗ることができます。

 

〇停車駅

甲府南甲府東花輪市川大門鰍沢口甲斐岩間下部温泉、身延、内船富士宮、富士、清水、静岡。富士から静岡は東海道本線です(それはそう)。富士で列車の進行方向が変わります。

 

〇料金

甲府~静岡を自由席特急券で乗りとおすと4,100円(運賃2,270円、特急料金1,830円)です。ただJR東海が発売するお得な切符を駆使すればもっと安く乗れたと思います。ちなみに私は新大阪からのひかりの乗り継ぎで指定券を発行したので指定席でも+1,270円で乗れました。

 

〇車内

f:id:ComExp2133:20180824150648j:plain

f:id:ComExp2133:20180824150652j:plain

デッキと客室に仕切り扉がなかったり両開きドアだったりといきなりびっくりしますが、いざ座るとなかなか快適です。座りやすいうえにフットレストが装備されているので2時間の乗車でも苦ではありません。また、リクライニングも割と角度が深かった気がします。場合によっては普通列車としてこれに乗れるのはなかなかの贅沢なような気がしますね。

ちなみに特急とはいいますが身延線内でそこまで速度が出るわけではありません。あくまでも停車駅が少ないというスタンスです、まあ線形がそこまでよくないんだろうから仕方ない。あと車内販売はありませんのでご注意を。予め飲食物は買っといてくださいね。それでも普通列車より断然はやく移動できるわけですし、課金する価値はあるのではないでしょうか。

 

とりあえずこんなもんでしょうかね。はい。

ではまた。